トヨタホーム東京スタッフによる公式ブログです。展示場の情報やイベント情報などを発信してまいります

menu

トヨタホーム東京公式ブログ

「今が建て時!」ってホント!?

マイホームは今が建て時!!

こんなフレーズを最近よく聞くようになりました。

でも、「実際はどうなの?」「本当に『今』なの?」なんて疑問に思う方もいるかと思います。

そこで今回は、その 「今が建て時!」の2つ理由を大公開しちゃいます!

 ———————————————————————————–

①消費税

ご存知のとおり、消費税の引き上げが2019年10月1日に予定されています。

当然、建物にも消費税はかかってきます。

特に住宅の場合は一度にかかる金額が大きいため、例えば3,000万円の建物を購入すると、

  • 消費税8%では3,000万円×8%=240万円
  • 消費税10%では3,000万円×10%=300万円

なんと、消費税だけで60万円も負担額が上がってしまいます。

それに加えてインテリアや引越代にも消費税がかかってくるので、増税前と後では、とても大きな差になってしまいます。

「でも2019年10月までに引渡しを受ければいいし、まだまだ先だから大丈夫!」と思っているそこのアナタ!!

工事が遅れてしまって引渡しが10月に・・・泣く泣く増税分も負担・・・

なんてリスクも出てきてしまいます!

住宅購入には経過措置があり、増税の6ヶ月前までに契約をしていれば、万が一引渡しが増税後にずれ込んでしまっても、消費税8%のままで購入できますので、リスクを考えると早めの検討がいいのかもしれません。

 

②低金利

2016年にマイナス金利が導入されてから、住宅ローンの低金利が続いています。しかし2016年8月の史上最低金利を底に、少しずつ上昇傾向になってきました。

例えば金利が0.5%上昇すると、負担額は約312万円増えてしまいます。(借入額3,000万円、返済期間35年、フラット35利用の場合。元利金等返済、ボーナス返済無し、諸費用含まず、繰上げ返済無しで試算。)

消費税増税導入よりも早い段階で金利が上昇する可能性もあるので、増税直前でのマイホーム計画では手遅れになってしまうかもしれません。

さらに今後、東京オリンピック開催などの様々な要因で金利が上昇する恐れも!?

低金利の恩恵を受けられる今のうちに検討するのがいいかもしれませんね。

———————————————————————————–

「今が建て時!」の理由はお分かりいただけましたでしょうか?

もちろん、マイホーム購入のタイミングは人それぞれ。

マイホームが欲しい!と思ったときが一番の建て時かもしれません。

各種制度や補助金も見直されるので、全てがマイナスというわけではありません。

お客様のニーズに合わせて、それぞれの建て時をご提案させていただきますので、

少しでもお得にマイホームを手に入れたい!と考えている方は、是非お近くの展示場でご相談ください!

 

関連記事

カレンダー

2018年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031